〜宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町 五ヶ瀬町国民健康保険病院〜
病院案内
診療案内
お知らせ
その他
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失
新規登録
新規登録方法
病院だより

ストレスについて  2006年3月号
by STAFF 2006/03/16(10:50 am)

今回は、「ストレス」についてお話します。
 「ストレス」という言葉が、私たちの生活の中でよく使われるようになり、現代はまさに「ストレス社会」であると言われています。
 また、「ストレス」が心や体を蝕んだり、病気を引き起こしたりするので、その危険性に強い関心が向けられるようになりました。
 「ストレス」とは、本来物理学の用語で、物体に加えられた外力〔ストレッサー〕によって生じた”歪(ゆがみ)”を跳ね返そうとする”力”(ストレス)を意味しました。

 医学の領域でも「体」になんらかの影響を及ぼす外からの刺激(ストレッサー)に「体が反応」している状態をストレス状態と呼びます。各個人によってストレス処理能力は異なります。ストレスを跳ね返すことができる人は、しばらく経てばバネのように本来の良好な状態に戻りますが、ストレス処理能力が弱い人は、病気を引き起こす原因になることがあります。
 ストレスと関連する病気として、狭心症・心筋梗塞等の心臓病、ストレス潰瘍と呼ばれる胃潰瘍・十二指腸潰瘍・過敏性大腸炎群、緊張性頭痛、円形脱毛症、不眠、神経症、アルコール依存症があります。
 そこで、ストレスを上手に処理する方法を身につけておくことが大切です。心配事があったら一人で悩まずに、信頼できる人に相談する。音楽や運動等の趣味を持ち、それらに没頭することで幸福感を味わったり、のんびりと楽しく生活することが大切です。                            (文責:福山典子)


印刷用ページ
検索
病院だよりアーカイブ
お知らせアーカイブ
ご意見への回答
Copyright © The GOKASE Town hospital 2005-2006